---
岡山東ロータリークラブ 国際ロータリー第2690地区 第9グループ

●トップページ

●ロータリークラブについて

●岡山東RC会長挨拶

●岡山東RC特徴及び概況

●岡山東RCの歴史

●週  報

●委員会活動計画の紹介

●同好会活動の紹介

●2017〜2018年のあゆみ

●過去のあゆみ

●岡山お役立ちリンク集

Rotary International [ 英語 ]
Rotary Japan Web [ 日本語 ]
ロータリー文庫
ロータリー米山記念奨学会
国際ロータリー第2690地区公式サイト

委員会活動計画の紹介

●クラブ奉仕委員会

【運営方針】
   ロータリークラブが誕生し約100年。歴史と伝統に育まれた岡山東ロータリークラブも50周年の節目を迎え、長い年月の下、様々な環境の変化の中、大きく変貌し今日を迎えております。
 本年度RI会長 イアンH.S. ライズリー氏のテーマとし『ロータリー:変化をもたらす』、そして2690地区 池上ガバナーも大きな意味で“変化”をテーマに掲げられました。
 本年度岡山東ロータリークラブ藤井一也会長は、RIそして地区のテーマを基に“楽しもうロータリー、深めよう友情の輪”を掲げ、今までとは異なり改めて“楽しもう”の言葉を強調されました。この事は会員相互の友情を深め、全ての集いに“楽しかった よかった”と心底思えるようなクラブの雰囲気になることを希望されております。
 さて、私は副会長、クラブ奉仕担当委員長とし、会長の方針の意を十分に理解し、会長の心を自分の心とし、各委員会委員長及びその委員と共に会長方針に向かって邁進し努力して参ります。どうか皆様のご参加そしてご協力の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

【活動方針】
@  RI会長賞を第一に本年度全員参加で各賞を受賞するよう努力する
  A  ロータリーの根本理念である全員の例会出席100%を目指し、また奉仕活動への積極的参加となるようクラブ奉仕担当理事とし努力する

▲ページトップへ戻る

●職業分類委員会

【運営方針】

  職業分類は、ロータリーの基本であります。ロータリーのあり方として、事業や専門職務の多様性を維持することを認識し、新しい職業分類表に優秀な会員を充填するように努めます。

【活動計画】

  1. 職業分類表を点検し、未充填項目への新会員の推薦方を会員に働きかけます。
  2. 充填項目についても、適格と認められる新会員の推薦方を歓迎します。
  3. 関連委員会でもある会員増強委員会、会員選考委員会と緊密な連携をとりながら、会員増強に協力します。

▲ページトップへ戻る

●会員選考委員会

【運営方針】
  会員増強、職業分類両委員会と緊密に連絡を取りながら、推薦されたすべての会員候補者について、その人格、職業上及び社会的地位並びに一般的な適格性を厳格に調査・検討 し、委員会の合否を速やかに理事会へ報告する。

【選考基準】

  1. 人格について社会的評価は高いか
  2. 例会その他の会合に常に出席が可能か
  3. その人は奉仕の精神があり、親睦を大切にできるか
  4. 遅滞なく会費を支払うことができるか
  5. 入会したら立派なロータリアンになるべく努力することができるか

 新会員候補者を推薦していただくときに、スポンサーの方は上記の諸条件をよく勘案さ れまして、ご推薦くださいますようお願いいたします。尚、入会後は、スポンサーはその新会員が立派なロータリアンになるべくご指導くださいますようお願い申し上げます。

▲ページトップへ戻る

●会員増強委員会

【運営方針】
  本年度 藤井会長は「楽しもうロータリー、深めよう友情の輪」を掲げられています。会員の皆様がロータリーに参加することで楽しみが生まれ、深い友情の輪ができるよう活動を進めていき、会員増強へも発展してまいりたいと思います。
 又、深い友情の輪でお互いの情報を交換しながら退会防止に努めていきたいと思います。

【活動計画】

  1. 純増3名以上を目指す
  2. クラブフォーラム等で会員増強の意識を持ってもらう
  3. 退会防止について検討する

▲ページトップへ戻る

●親睦活動委員会

【運営方針】
  藤井会長は、「楽しもうロータリー、深めよう友情の輪」を方針として掲げられました。親睦活動委員会では、皆様が積極的に参加し、今以上に互いが理解でき、楽しく自分自身が成長できる特別例会、親睦旅行、同好会活動を開催していきたいと思います。
 皆様とともに参加して良かったと思えるような場作りをして参りたいと思いますので温かいご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。

【活動方針】

 1.委員会
@  委員会を毎月開催します。
  A  臨時委員会を必要に応じて開催します。
   
 2.例会
@  委員は、例会開始40分前に集合し、配布物のポスティングや集金活動を行うとともに、例会場入り口に整列して会員全員に声掛けして温かくお迎えします。ビジターの方には礼を尽くして歓迎します。
  A  ゲストに対しては、プログラム委員会と協力して礼儀を尽くします。
  B  SAAに協力し、記帳などの手助け、卓上の募金箱の集金作業を行います。

 3.特別例会  
日 程 例 会 名 場 所 形 式
7月20日(木) 納涼特別例会 岡山プラザホテル 夜間夫人同伴
10月26日(木) 3RC合同特別例会 岡山プラザホテル 夜間
12月21日(木) 年末家族特別例会 岡山プラザホテル 夜間家族同伴
1月18日(木) 新年特別例会 アークホテル岡山 夜間
6月21日(木) チャーターナイト記念特別例会 アークホテル岡山 夜間夫人同伴

 4.お祝い行事
@  毎月第一例会にて、会員・ご夫人誕生日・結婚記念日のお祝いと報告を行います。
  A  新年特別例会にて、長寿・年男のお祝いと報告を行います。

 5.同好会
   同好会により会員間の親睦を図ります。
@ ゴルフ同好会 A 写真同好会 B 囲碁同好会
C 麻雀同好会 D 探鳥同好会 E 観劇同好会
E 旅行同好会

 6.新入会員歓迎会
   新入会員との親睦をより一層深めるため、前期・後期各一回程度開催します。

 7.親睦旅行
会員・家族間の親睦をより一層深めるため、宿泊旅行を計画します。

▲ページトップへ戻る

●プログラム委員会

【運営方針】
  本年度の藤井会長は、クラブ方針を「楽しもうロータリー、深めよう友情の輪」と定められました。プログラム委員会としては、この方針にのっとり、楽しく話していただき、楽しく拝聴していただける卓話を準備できるように心がけたいと考えています。

【活動計画】

本年度も例会のプログラムは、卓話を中心に計画し、要望があれば、音楽、演芸なども組み込みたいと思います。卓話に関しては以下を予定しています。

  1. 会員による卓話は、テーマは限定せず、仕事であれ、趣味であれ、話し手が本クラブの会員に聞いてほしい、知っていてほしい内容を自由に話すことにします。
  2. 外部講師による卓話は、本クラブ会員が聞きたいテーマ、聞きたい人、一方、当クラブで話をしたいと希望を持つ方にお願いしていきます。
  3. 新入会員によるイニシエーションスピーチも堅苦しくなく、楽しく話していただきます。
  4. ロータリー特別月間スピーチも積極的に組み込みます。

▲ページトップへ戻る

●会報委員会

【運営方針】
 週報は、会や会員の動きを会員全員に伝えることで、情報共有と会への親しみを増すための重要なツールとなっています。活気ある会の雰囲気を皆様にタイムリーにお伝えすることで、藤井年度のスローガンである「楽しもうロータリー、深めよう友情の輪」の達成に寄与できるよう努めて参ります。

【活動計画】

  1. 「週報」は、毎週紙版と電子版にて、例会・クラブ行事・委員会活動や同好会活動等について掲載発行します。また例会出席率を向上させることと会員同士の親睦を深めるための工夫を盛り込みます。
  2. 年度終了後、速やかに「年報」を発行します。
  3. 「週報」を正確かつタイムリーに発行するために、次の点について会員の皆様のご協力をお願いします。
    @  例会での報告・発表時には、必ず「原稿」もしくは「要約メモ」の提出をお願いします。
      A  卓話では、事前にプログラム委員会より「要約原稿(600〜800字)」の提出をお願いします。
      B  委員会活動や同好会活動等は、担当者より「要約記事」と「写真」の提出をお願いします。
      C  提出に際しては、校正のスピード化と省力化のため、できるだけ電子メールの利用をお願いします。

▲ページトップへ戻る

●出席委員会

【運営方針】
「楽しもうロータリー、深めよう友情の輪」が、藤井会長方針です。
 元気で楽しく、心が躍る、それでいてどこか、凜として質実剛健なクラブを目指そう。と示されています。
 参加しないと始まりません。手続要覧にも、クラブの例会、奉仕プロジェクトおよび活動、行事に参加するべき。と定められています。

【活動計画】

  1. 例会に出席して楽しんでもらい、出席率向上も目指す。
  2. 例会に出席できないときは、メークアップをする。
  3. 楽しいメークアップツアーを計画する。
  4. クラブ主催の奉仕活動、行事にも楽しんで出席をしていただく。

▲ページトップへ戻る

●広報委員会

【運営方針】

   藤井会長の「楽しもうロータリー、深めよう友情の輪」に沿って、委員会のメンバーと共に積極的に広報活動をします。
 特に創立50周年の前の準備年度として、ホームページの充実に力を入れていきたいと考えています。

  1. 創立50周年を視野に入れたホームページの充実と活用。
  2. 「ロータリーの友」の紹介と同誌への投稿の推奨。
  3. 地元マスコミに対して、積極的に働きかけ、クラブ活動の広報を行う。

▲ページトップへ戻る

●ロータリー情報委員会

【運営方針】
  会長方針である「楽しもうロータリー、深めよう友情の輪」に基づいて会員に楽しんでもらいながら友情を深めてもらえるようにいろいろ工夫をする。また、フレッシュ会員にはロータリークラブについて知識を深めてもらうよう努める。

【活動計画】

  1. クラブフォーラムの実施。
  2. IDMの開催
  3. 地区大会、IMへの参加
  4. 新入会員へのオリエンテーション
  5. フレッシュ会員の研修会

▲ページトップへ戻る

●職業奉仕委員会

【運営方針】
 藤井会長は今年度のクラブ方針を「楽しもうロータリー、深めよう友情の輪」とされました。「楽しみながら」専門職務の道徳的水準を高め、奉仕の理念を実践する「友情の輪」を築きたいと考えます。
 また、前年度の委員会運営方針で示された2016年の規定審議会での追加一文による活動修正解釈を念頭に、事業を進めたいと考えています。

【活動計画】
 私たちが属する共同体、つまり岡山市の喫緊の課題を抽出し、その中から事業を構築したいと考えます。
 具体的には、岡山市が全国第2位となっている待機児童数の問題や子ども支援において派生した諸課題について、以下に計画します。

  1. 企業内乳幼児保育や学童保育のあり方について視察し、実態把握を実施します。
  2. 株式会社が実施する「認可保育園」運営の先進事例を視察し、実態把握を実施します。
  3. 社会奉仕委員会と一体となった中で「仮称:企業と子ども支援について(乳幼児保育・学童保育の現状と可能性)」というシンポジウムを開催します。

▲ページトップへ戻る

●社会奉仕委員会

【運営方針】
  藤井年度のスローガン『楽しもうロータリー、深めよう友情の輪』のもと、積極的に参加したくなるような社会奉仕活動に励んでまいりたいと考えております。一人よがりの思いつきで社会奉仕活動をするのではなく、その活動が地域社会のニーズにかなった奉仕活動かどうかを見極めて、計画・活動して行きたいと考えております。会員の皆様にはご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

【活動計画】

  1. 旭川荘で毎年開催されている「旭川荘医療福祉学会」に於いて(仮)「岡山東RC障碍者医療福祉賞」を創設し、優れた研究発表を対象に表彰、記念品の贈呈
  2. 旭川荘の入所者の方を対象に、クリスマスコンサートの開催
  3. 旭川荘総合研究所前に紅白梅の記念植樹
  4. シンポジウム(仮)「企業と子ども支援について(乳幼児保育・学童保育の現状と可能性)」を職業奉仕委員会と合同開催
  5. その他

▲ページトップへ戻る

●国際奉仕委員会

【運動方針】
  本年度は、藤井会長の「楽しもうロータリー、深めよう友情の輪」を体現すべく、池上地区ガバナーのスローガン「Take Action〜ActionなきVisionは夢にすぎない」を肝に銘じて、“一歩前への友情の輪を広げ、共に楽しもう”を指針とした運営を行います。そして、世界平和と紛争予防という国際奉仕事業として、青少年の国際交流を支援します。本年が岡山市と米国サンノゼ市との都市縁組60周年に当たっており、岡山市とcollaborationした行事を支援します。また、サンノゼ東ロータリークラブの例会に参加し、友好を広げようと計画しています。

【活動計画】

  1. 岡山市ジュニアオーケストラとサンノゼ・ユースオーケストラのサンノゼ市における合同演奏会と交流会の支援を行う。
  2. サンノゼ東ロータリークラブとの交流の端緒を開く。
  3. 市の主催する事業の支援を通して、ロータリーの公共イメージをアピールする。

▲ページトップへ戻る

●ロータリー財団委員会

【運営方針】
 ロータリー財団は、国際ロータリーの慈善部門で、その財源はロータリアンと支援者による寄付のみで成り立っている。ロータリー財団の資金は、クラブや地区の補助金などの他、全世界のポリオ撲滅、教育支援、貧困救済などグローバルな規模の平和活動にも使用されている。今年度も従来通り、会員の皆様にロータリー財団への理解を深め、より多くの善意の寄付を頂戴できるように努力する。

【活動方針】

  1. 1人当たり100ドル以上の特別寄付(個人寄付)を募る。
  2. ポール・ハリス・フェローならびにベネファクターの会員を推薦する。
  3. My Rotaryアカウントを会員の50パーセント以上が取得するための情報提供および援助を行う。
  4. ミリオンダラーミールを年6回施行して、差額をロータリー財団に寄付する。
  5. 米山記念奨学会委員会と協力して例会時に卓上ボックスを設置し奨学寄付を募る。
  6. ロータリーカードへの加入を推進する。
  7. 地区補助金対象プロジェクトの申請・実施・報告を行う。
  8. ロータリー財団月間に卓話を行い啓発活動を行う。

▲ページトップへ戻る

●米山記念奨学会委員会

【運営方針】
 クラブ会員に対しては、米山記念奨学会の意義と重要性について再認識、理解を深めていただくように努める。
 奨学生の精神的なサポートを引き続き行う。

【活動計画】

  1. 米山功労者を募る。
  2. 特別寄付金の募集。
  3. 米山月間(10月)に米山奨学会について卓話を行う。

▲ページトップへ戻る

●青少年奉仕委員会

【運営方針】
 我々自身がロータリーを楽しみ、友情を深めることにより、青少年の健全な成長に役立つ楽しい事業を開催できると思います。VISIONがある事業を計画し、我々の背中を子供たちに見せ、子供たちが大人になった時に誇れる活動を行ってまいります。

【基本計画】

  1. 子供たちに備前焼を作成する楽しさ、またそれを使って礼儀作法や地元文化を学んでもらう事業(ロータリー財団・地区補助金申請事業)
  2. 西大寺会陽「少年はだか祭り」への支援活動
  3. 「おかやま西大寺マラソン」への支援活動

▲ページトップへ戻る

●会場監督

【運営方針】
 藤井会長の方針、「楽しもうロータリー、深めよう友情の輪」を例会でも実践できるよう目指します。
 例会以外でのクラブの活動にも積極的に参加して会員とコミュニケーションを取り、また親睦活動委員会、プログラム委員会とも連携を取りながら楽しい例会の場を作って行きます。

【活動計画】

  1. 例会プログラムにあった食事を考え、下町定食や季節に合う料理を考えて行きます。
  2. プログラムに合ったBGMを提供します。
  3. 会員同士の親睦が深まるよう例会での席次を考えます。
  4. 多くのスマイルのお願いを出来るよう率先してクラブ活動に参加します。
  5. ロータリー財団、米山記念奨学会ボックスへの寄附依頼。

▲ページトップへ戻る

●会計

【運営方針】
 クラブ財政を的確に把握し、資金運営の管理・監査を行います。
 そしてクラブの奉仕活動が活発・適切に推進できるように奨励する。

【活動計画】

  1. クラブ資金の管理運用を厳重にチェックし健全財政を貫く。
  2. 半期ごとに理事会に会計報告を行います。
  3. 資金の管理と支出については幹事と密接に連絡を取り、支出については理事役員2名以上の署名確認を行います。

▲ページトップへ戻る


岡山東ロータリークラブ All Rights Reserved.