---
岡山東ロータリークラブ 国際ロータリー第2690地区 第9グループ

●トップページ

●ロータリークラブについて

●岡山東RC会長挨拶

●岡山東RC特徴及び概況

●岡山東RCの歴史

●週  報

●委員会活動計画の紹介

●同好会活動の紹介

●2018〜2019年のあゆみ

●過去のあゆみ

●岡山お役立ちリンク集

Rotary International [ 英語 ]
Rotary Japan Web [ 日本語 ]
ロータリー文庫
ロータリー米山記念奨学会
国際ロータリー第2690地区公式サイト

委員会活動計画の紹介

●クラブ奉仕委員会

【運営方針】
 「親睦を深化し、一隅を照らそう」という方針で、本年度舟橋会長は前進させると思います。
 親睦を深める中で、職業奉仕を学び奉仕を通して精進する事が、自分自身に、そして周りの発展に繋がっていくものと信じます。又本年度は創立50周年を迎えます。メンバー全員思いを一つにし、新たな飛躍の年にしなければならないと思いますので、 会員皆様のご理解とご協力を是非お願い申し上げます。

【活動方針】
@  メンバーを大切にお互いがフォロー出来る体制作り
  A  親睦に徹し楽しい場作り

▲ページトップへ戻る

●職業分類委員会

【運営方針】

 ロータリーの基本条件である職業分類委員長を仰せつかり、身の引き締まる思いです。
今年度は、会員増強委員会、会員選考委員会との連絡を密に取り合い、未充填の職業を見直し、会員皆様の協力を仰ぎ、空白の職業分類を充填するように努めます。

【活動計画】

  1. 職業分類表を点検し、未充填項目への新会員の推薦方を会員に依頼する。
  2. 充填項目についても、適格と認められる新会員の推薦をお願いする。

▲ページトップへ戻る

●会員選考委員会

【運営方針】
 会員増強、職業分類両委員会と緊密に連絡を取りながら、推薦されたすべての会員候補者について、その人格、職業上及び社会的地位並びに一般的な適格性を厳格に調査・検討し、委員会の合否を速やかに理事会へ報告する。

【選考基準】

  1. 人格について社会的評価は高いか
  2. 例会その他の会合に常に出席が可能か
  3. その人は奉仕の精神があり、親睦を大切にできるか
  4. 遅滞なく会費を支払うことができるか
  5. 入会したら立派なロータリアンになるべく努力することができるか

 新会員候補者を推薦していただくときに、スポンサーの方は上記の諸条件をよく勘案されまして、ご推薦下さいますようお願いいたします。尚、入会後は、スポンサーはその新会員が立派なロータリアンになるべくご指導下さいますようお願い申し上げます。

▲ページトップへ戻る

●会員増強委員会

【運営方針】
 本年度、舟橋会長は、「親睦を深化し、一隅を照らそう」を掲げられており、会員の親睦を深めることの基盤の上に、困っている人の課題解決のきっかけになる活動を、と呼びかけておられます。  そのことは、とりもなおさず、新しく入会を勧誘人に対しても、伝統ある岡山東RCの友情の輪の中に溶け込めるか、困っている人の課題への共感を持つことができるか、が問われることにもなる、との認識で、会員増強に取り組みたいと考えます。

【活動計画】

  1. 会員の純増1名以上をめざします。
  2. クラブフォーラム等で会員増強に意義を共有してもらえるように努めます。
  3. 専門職の退会者の補充と増強に取り組みます。

▲ページトップへ戻る

●親睦活動委員会

【運営方針】
〈一隅を照らす光の結晶を目指します。〉
 舟橋会長は、「親睦を深化し、一隅を照らそう」を本年度の会長方針として掲げられました。一人一人が置かれた場所、立場の中で光り輝くことは、人の喜び、満足を求めることにも繋がります。
 私どもは力を合わせ、会員(参加者)皆様方の満足を希求して参りたいと思います。満ち足りた皆様方の灯火が一つとなり、大きな明かりとなることこそが親睦の深化に繋がると考えます。。
 歴史と伝統を重んじながら、より良いものを創り上げるために英知を結集して取り組み、創立50周年の記念すべき年度を全員で祝う素晴らしい一年となるような活動を展開します。
 会員皆様の温かいご理解とご協力、ご支援、そして何よりも忌憚のないご意見を頂きますよう宜しくお願い申し上げます。

【活動計画】

 1.委員会
@  原則として第1、第3例会後に1時間程度開催します。その他必要に応じ開催します。
  A  委員会議事録を作成して会長、副会長、幹事、親睦活動委員に配布します。
  B  各事業は、親睦活動委員の英知を結集して創り上げます。基本的にすべての活動は委員会全員で取り組みます。
  C  委員会内の親睦も図ります。
   
 2.例会
@  委員は、例会開始40分前に集合し、配布物のポスティングや集金活動を行うとともに、例会場入り口に整列して会員全員に声がけして温かくお迎えします。ビジターの方にはご要望をくみ上げて礼を尽くして歓迎します。また、各テーブルに親睦委員を配置して会員のお役に立ちます。
  A  ゲストに関しては、プログラム委員会と協力して礼儀を尽くします。
  B  S.A.A.に協力し、記帳などの手助け、卓上の募金箱の集金作業を行います。

 3.特別例会  
開催日程 特別例会名 開催場所 形 式
8月9日(木) 納涼お盆特別例会 アークホテル岡山 夜間夫人同伴
12月20日(木) 年末家族特別例会 岡山プラザホテル 夜間家族同伴
1月17日(木) 新年特別例会 岡山プラザホテル 夜間
6月20日(木) チャーターナイト記念特別例会 アークホテル岡山 夜間夫人同伴

 4.お祝い行事
@  毎月第一例会にて、会員・ご夫人誕生日・結婚記念日のお祝いと報告を行います。
  A  新年特別例会にて、長寿・年男のお祝いと報告を行います。

 5.同好会
   同好会により会員間の親睦を図ります。
@ ゴルフ同好会 A 写真同好会 B 囲碁同好会
C 麻雀同好会 D 探鳥同好会 E 観劇同好会
E 旅行同好会

 6.新会員歓迎会
   新会員との親睦をより一層深めるため、前期・後期各一回程度開催します。

 7.親睦旅行
会員・家族間の親睦をより一層深めるため、宿泊旅行を計画します。

▲ページトップへ戻る

●プログラム委員会

【運営方針】
 ロータリークラブにとってプログラムの内容が、例会の充実度、そして会員の例会出席率に大きく影響を及ぼすことは重々認識しており、その責務の重さに大変緊張しております。
 舟橋会長年度の運営方針『親睦を深化し、一隅を照らそう』のもと、今年度プログラム委員会では、100人規模となった会員の方の中でしばらく卓話機会のなかった方を中心に人選させて頂き卓話して頂くことを考えております。 卓話を通じて会員間の新たな接点を発見して頂き、そこから新しくコニュニケーションが生まれることを期待しております。

【活動計画】

  1. 数珠つなぎ“この会員の、こんな話を聞いてみたいシリーズ”では、卓話して頂いた方に、次に卓話して頂く方を推薦して頂き、交流の輪を広げていきます。
  2. ロータリークラブのオーソリティを外部講師としてお招きし卓話をお願いします。
  3. 新会員にイニシエーションスピーチの場を設けます。
  4. ロータリー特別月間のテーマで各委員長にスピーチをお願いします。

▲ページトップへ戻る

●会報委員会

【運営方針】
 会報委員会は、舟橋年度の会長方針を基に、各委員会と連携・協力して、「週報」を発行し、会員皆様の楽しく有意義なクラブの各種活動に寄与すべく、正確な情報発信に努めて参ります。

【活動計画】

  1. 「 週報」は、毎週紙版と電子版にて、例会・クラブ行事・委員会活動や同好会活動等について掲載発行いたします。また、会員皆様の親睦が、より深まりますように工夫を盛り込みます。
  2. 年度終了後、速やかに「年報」を発行します。
  3. 「週報」の正確かつスピーディーな発行を行うために、会員皆様に次のことをお願いします。
@  例会での報告・発表時には、必ず「原稿」もしくは「要約メモ」の提出をお願いします。
  A  卓話では、事前にプログラム委員会より「要約原稿(600字程度)」の提出をお願いします。
  B  委員会活動や同好会活動は、担当者より「要約記事」と「写真」の提出をお願いします。
  C  上記提出に関しては、校正のスピード化と省力化を図るため、電子メールを利用いただき、速やかにお願いします。

▲ページトップへ戻る

●出席委員会

【運営方針】
今年度のクラブ方針「親睦を深化し、一隅を照らそう」に沿い、一人ひとりがそれぞれの持ち場で全力を尽くすことによって、当クラブ創立50周年の節目の年を、新たなステージへのさらなる飛躍の年にすべく務めます。

【活動計画】

  1. 例会出席はロータリアンの3大義務の一つであり、例会出席率向上を目指し活動します。
  2. 例会欠席の時のメークアップはロータリアンの義務であり、実行のための情報提供とメークアップ体験企画をします。
  3. 出席委員会主催のメークアップ旅行を実施します。
  4. その他、会員一人ひとりの出席がしやすくなるような目配りを心がけます。

▲ページトップへ戻る

●広報委員会

【運営方針】

 舟橋会長の運営方針「親睦を深化し、一隅を照らそう」に沿って、委員会のメンバーと積極的に広報活動を行います。
 また創立50周年の年度として、ホームページの充実に力をいれていきます。

【活動計画】

  1. 創立50周年を視野にいれたホームページの充実と活用。過去の会報の収録等。
  2.  「ロータリーの友」の紹介と投稿の推奨、関連文献の紹介。
  3. 地元マスコミに対して、積極的に働きかけ、クラブ活動の広報を行う。

▲ページトップへ戻る

●ロータリー情報委員会

【運営方針】
 創立50周年を迎える歴史と伝統ある岡山東ロータリークラブとして、すべての会員にロータリーの情報を伝え、特にフレッシュ会員にはロータリークラブに関する知識を深めてもらうように努めながら多くの事業に参加するように促す。

【活動計画】

  1. クラブフォーラムの実施
  2. I.D.M.の開催
  3. 地区大会、I.M.への参加
  4. フレッシュ会員の研修
  5. 新会員へのオリエンテーション

▲ページトップへ戻る

●職業奉仕委員会

【運営方針】
 本年度の舟橋会長が掲げられたクラブ方針、「親睦を深化し、一隅を照らそう」を信念に職業を通じて専門的知識などを会員で分かち合い、実践することで社会に奉仕する。
(奉仕こそ我が務め)
 日々勉強しながら委員会活動を行っていきたいと考えております。
 会員皆様、ご指導とご協力を宜しくお願い申し上げます。

【活動計画】

@  クラブフォーラムにおいて、職業奉仕を勉強する
  A  職場訪問(当クラブ会員企業外を検討)
  B  会員の事務所における優良職員表彰を行う

▲ページトップへ戻る

●社会奉仕委員会

【運営方針】
 社会奉仕委員会では、一つ一つの事業は一年限りのものであっても、事業を通じて人と人を結びつけることや、社会の課題が少しでも解決に向かうキッカケになることを目指して活動いたします。
 舟橋年度のスローガン、「親睦を深化し、一隅を照らそう」に込められた、友と未来へ、チャレンジし、課題解決のキッカケ(インスピレーション)になる活動でありたいとの想いを委員会メンバーと共有し、 会員皆様のご協力を得ながら事業を行ってまいりたいと考えていますので、ご指導、ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。

【活動計画】

  1. 〜身近な「子供の貧困」を救うインスピレーションとなる、居場所作り支援活動〜(青少年奉仕委員会と合同開催)
    @ 啓発シンポジウムの開催
    A 子ども食堂への参加及び支援
  2. 旭川荘での梅の植樹
  3. 投壺・投扇興競技後楽園大会への協賛
  4. その他

▲ページトップへ戻る

●国際奉仕委員会

【運動方針】
 バリー・ラシンRI会長のテーマ“BE THE INSPIRATION”(インスピレーションになろう)、末長範彦地区ガバナースローガン“チャレンジしよう”、舟橋弘晃会長スローガン“親睦を深化し、一隅を照らそう” 及び当クラブの50周年テーマ“友と未来へ”に従って、会員自らが「入りて学び、出て奉仕せよ」の精神のもと一人でも多くのクラブ員が積極的に加わることが出来る国際奉仕活動を実施する。

【活動計画】

  1. 外務省のODA出前講座又はNGO相談員の出張講座の開催。
    (近隣ロータリアンと共に国際奉仕、国際協力の知識を深める)
  2. ベトナムホーチミン市内の学校でのベトナムRY学友会クラブとNurture the dreamとの合同イベントの開催。
  3. 過去に実施した図書の寄贈等の事業(日本で使用しなくなった図鑑や絵本を収集配布)をベトナムRY学友会と共に実施する。
    (ベトナムRY学友会の今後の地域活動の起点とする)

▲ページトップへ戻る

●ロータリー財団委員会

【運営方針】
 ロータリー財団は、国際ロータリーの慈善部門で、その財源はロータリアンと支援者による寄付のみで成り立っています。ロータリー財団の資金は、クラブや地区の補助金の他、全世界のポリオ撲滅、教育支援、貧困救済などグローバルな規模の平和活動にも使用されています。 今年度は創立50周年の年でもあり、会員の皆様にロータリー財団への理解をより深めていただき、より多くの善意の寄付を頂戴できるように努力いたします。

【活動方針】

  1. 1人当たり100ドル以上の特別寄付(個人寄付)を募る。
    (目標 1人当たり150ドル)
  2. ポール・ハリス・フェローならびにベネファクターの会員を推薦する。
  3. My Rotaryアカウントを会員が取得するための情報提供および援助を行う。
    (目標 会員の50%以上)
  4. ミリオンダラーミールを年6回実施して、差額をロータリー財団に寄付する。
  5. 米山記念奨学会委員会と協力して例会時に卓上ボックスを設置し奨学寄付を募る。
  6. ロータリーカードの情報提供と加入を推進する。
    (目標 取得率40%)
  7. 地区補助金対象プログラムの申請・実施・報告を行う。
  8. ロータリー財団月間に啓発活動を行う。

▲ページトップへ戻る

●米山記念奨学会委員会

【運営方針】
 クラブ会員に対しては、米山記念奨学会の意義と重要性について再認識、理解を深めていただくように努める。
 奨学生の精神的なサポートを行う。

【活動計画】

  1. 米山功労者を募る。
  2. 特別寄付金の募集。
  3. 米山月間(10月)に米山奨学会について卓話を行う。

▲ページトップへ戻る

●青少年奉仕委員会

【運営方針】
 本年度の舟橋弘晃会長が掲げられた「親睦を深化し、一隅を照らそう」の運営方針に則り、身近な社会に潜む課題に光を当て、会員一丸となって支援していくことができるような『きっかけ』を作っていきます。 また、外国人留学生との交流等を通じ日本の子供たちの貧困について考え、母国に帰ってから世界中の青少年たちの健全な成長を手助けができるきっかけ作りができればと考えております。
 この創立50周年という輝かしき節目の年に、青少年たちの未来へと繋がっていく事業を成功させることが自分の使命と思い努めてまいる所存ですので、会員皆様方、ご指導・ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。

【活動計画】

  1. 「 子供の貧困」を救うインスピレーションとなるシンポジウムの開催、また子供の居場所づくりをサポートする「子ども食堂」支援活動(ロータリー財団・地区補助金申請事業)
  2. 西大寺会陽「少年はだか祭り」への支援活動
  3. 「おかやま西大寺マラソン」への支援活動

▲ページトップへ戻る

●会場監督

【運営方針】
 舟橋会長のクラブ運営方針である「親睦を深化し、一隅を照らそう」を例会の中で具現化できるように会場監督に努めます。
 具体的には、会員が例会に出席するのが楽しくなるような、明るい雰囲気の例会作りを目指します。料理につきましても、メニューを工夫し、会員に満足いただけるようにいたします。

【活動計画】

  1. おいしく、栄養があって、体に良い食事を提供します。
  2. 例会プログラムに合わせた会場設営をいたします。
  3. 会員同士の親睦を深化できるよう、例会の席のあり方を工夫します。
  4. 会員の多くがスマイルをしたくなるような楽しいスマイルタイムにします。
  5. ロータリー財団、米山記念奨学会ボックスへの協力をお願いします。

▲ページトップへ戻る

●会計

【運営方針】
 クラブ財政を的確に把握し、資金運営の管理・監査を行います。
 そしてクラブの奉仕活動が活発・適切に推進できるように奨励する。

【活動計画】

  1. クラブ資金の管理運用を厳重にチェックし健全財政を貫く。
  2. 四半期ごとに理事会に会計報告を行います。
  3. 資金の管理と支出については幹事と密接に連絡を取り、支出については理事役員2名以上の署名確認を行います。

▲ページトップへ戻る


岡山東ロータリークラブ All Rights Reserved.